犬の歩行について

​例えばダックスフンドの歩行を

・・・人に例えて、四脚歩行を考えてみましょう

前脚は理想的な歩幅で歩行するとします。しかし、後脚は何らかの原因で歩幅が狭く、理想的な歩幅ではないとします。

下に、前脚を大人、後脚をこどもとして、前後に連なった形で歩行する図を書いてみました。

 

①前脚の大人の歩幅に、後脚の子供の歩幅がついて行けず、後脚は駆け足になり足根関節、パットに負担がかかり関節を痛める原因となります。

千葉市花見川区 グッドハンドたつき

​​②その逆で、前脚の歩幅が狭いと、後脚の歩幅に合わせられず、後から背中をドン!と押されたように、肘、手足関節に負担がかかり関節を痛めてしまいます。

千葉市花見川区 グッドハンドたつき