体の重心とゆがみの連鎖
重力に対する人間の体の重心はへその下5㎝から背骨に向かって5㎝の位置と言われています。
体のある部分に異常が起こると運動学的に関連する他の部位にも影響が及び骨格のゆがみが連鎖(キネマティックチェーン)となって起きます。
​その影響が骨に留まらず、神経系、筋系にも与えゆがみが原因で痛みを伴うようになります。
なぜ連鎖していくかと言うと、ある部分の異常、痛みから回避し重心のバランスを無意識的に保とうとするからだと言われています。
ですから、長い間蓄積され続けてきたゆがみを改善させるために、一度や二度の施術で改善が期待できないと考えます。

​HOME > 人の整体

​実は私自身24歳の時に椎間板ヘルニアを発症しました。約2か月余りの入院治療、ブロック注射、リハビリで改善したものの整体を学ぶまで、寒い冬や仕事で疲れた時など、足の内腿から足首にかけて痺れや鈍痛が続いておりましたが、自分の体のゆがみを理解し、ケアに努め続け2年ほどで内腿の違和感が無くなり、今では腰痛にご縁が無くなりました。
ですから、体全体の骨格バランスを整え、ゆがみによる負荷のかかった部位の痛みを解消しない限り、ゆがみは再発すると考えます。
​ゆがみの原因が生活習慣による姿勢変異、つまり「癖」であるが故、整体による骨格バランスの改善+生活習慣の見直しによる自意識が求められます。

当院の理念

痛みの原因がどこにあるか?それを知ることから始めましょう。

自分の体を知り、自分の痛みの原因を知ることで、痛みの無い明るい生活を送りませんか。

当院は、痛みを癒すだけではなく、痛みの無い生活のサポートを

推進する整体院です。

自分の骨格のゆがみのチェック

生活上の痛みの原因​を、しっかり受け止め、お客様と共に健康的な生活をサポートするいわゆる予防医療推進を目指しています。

​院長 領塚 正治

​体のゆがみの原因を知れば、自分で体を管理できる
当院であなたの健康人生をサポート!
​「あなたに合ったケアプランを作成致します」

​▶人の整体