施術後

施術前

犬だって肩こり腰コリ、コリコリじゃ~~‼‼ ワン!ワン!

 人もそうですが、犬も飼われている生活環境、加齢により骨格のゆがみを引き起こすと考えられています。

 犬は人と違い、四脚で歩行しますので、前脚と後脚の歩行バランスが崩れると肘・膝・手根関節・足根関節などを傷めたり、お散歩などの日常の運動不足や運動過多により疲労物質が溜まり、筋肉がコリコリになり、関節の可動域が狭くなったり姿勢バランスが崩れてきます。

​ ワンちゃんの歩行バランスを整え、骨格のゆがみを改善する事で、いつまでも健康に暮らせるお手伝いをさせていただければと念じております。

当院の犬の整体とは

施術前と施術後の比較

施術前の視診

股関節の動きが悪く(骨盤が後傾気味)踏み込みは深いが伸展時の歩幅が狭い。

左股関節のハマリが浅く(脱臼気味)左脚が内側に流れてしまい右後脚に頼った歩行の影響で骨盤が右側に側屈気味になり、障害を起こす原因になります(右側加重)

​本来犬の後脚は、前脚の推進力の働きをするのですが、後脚歩行が不安定なため、上腕(前脚)が推進力を補おうと踏ん張る為肩関節が外転し、肩甲骨が内転気味になっていて、肩関節、ひじ関節に負担がかかっています。

施術後の視診

施術後の歩様において、肩関節、股関節の可動域も広がり、肘膝の動きも改善されているように見えます。

​左股関節もハマリが浅いため、こり固まった筋肉群をゆるめ、ストレッチ、筋トレを数回行った結果歩行は改善されましたが、股関節が緩いため引き続き、骨盤調整、股関節を取り巻く筋肉強化のリハビリを続ける必要があります。

ココちゃん ♀ 5歳 プードル

​▶犬の整体

​HOME > 犬の整体